弾性波素子技術研究コンソーシアム 新学校シリーズ

弾性波素子技術 夏の学校

 

主 催 弾性波素子技術研究コンソーシアム

 

この学校シリーズは,弾性波素子技術第150委員会の主催で主に弾性波素子技術に関わるエンジニア向けに理論と理論の実践を教える1日集中講義としてはじまり,20209月に設立された弾性波素子技術研究コンソーシアムがそれを引き継いでいます。

学校シリーズでは,毎回,講義する話題を絞り(概論に終わらず),基礎から専門的な内容までを含めるようにし,受講者の多くが「やや難しい〜丁度よい」と感じる難度を目指しています。一方,初学者向けには導入セッションを設け,主に基本概念や学習ポイントを整理します。さらに,講義終了後のフォローアップセッションでは,講師陣ができるだけやさしく質問に答えます。

今回の講師は,橋本研也教授(電子科技大学),大森達也准教授(千葉大学),および中川亮博士(村田製作所)です。これまでに電極なしの圧電基板上の弾性表面波,SAWデバイス上で電極の取り扱い(COM理論,FEM),SAWデバイスとBAWデバイスの横モードと順に勉強してきましたので,今回は弾性波デバイスの非線形性を取り上げることにしました。益々重要になる非線形性について基本を学べる,あるいは復習できる講義になると思います。これらの講義を聴講することで,日々の業務をより実りあるものにして頂ければと思います。(世話人:田中 秀治=東北大学)

 

日 時 2021917日(金) 10:0017:30

会 場 Zoom

※接続先と参加パスワードは参加登録者にお知らせします。

受講料 コンソーシアム委員           無料

コンソーシアム会員企業に所属する方   無料

学生                  無料

大学・公的機関に所属する学生以外の方  5,000/

その他                 50,000/

内 容

10:0011:00 導入セッション

講師 田中 秀治(東北大学)

講義に先立ち,講義の全体像を概観して学習のポイントを整理するとともに,初学者や初級者にとってわかりにくい概念などの導入を行う。

11:0011:10 休憩

11:1012:10 非線形性が送受信機性能に及ぼす影響とIECによる非線形性測定法の標準化

講師 橋本 研也(電子科技大学)

全ての電子素子では非線形信号が発生し,通信機の性能を劣化させる。SAW/BAWデバイスは基本的に線形性に優れるが,通信方式の高度化に応じてより一層の非線形性抑圧が渇望されている。ここでは,非線形性がどのようにして通信機性能を劣化させるか,そしてどれほど高い線形性が要請されるかについて説明する。また,後ほど中川氏の講演で言及されるように,SAW/BAWデバイスの非線形性測定には多くの勘所があり,大学や企業単独での技術開発は難しく,開発できたとしても妥当性評価が難しい。我々が世界中の企業と共同で開発した非線形性測定法の標準化についても解説する。

12:1013:00 昼休み

13:0014:00 非線形性の基礎

講師 大森 達也(千葉大学)

非線形現象の数学的表現とそこから得られる知見について基礎を解説する。特に電気電子工学の分野でなじみ深いvan del Pol方程式を例として,その基本となる考え方・モデル化,一般式の導出過程などを示す。また,これを解くことによってわかる線形な系とは大きく異なった様々な現象について,いくつかの計算例を交えながら説明する。

14:0014:10 休憩

14:1015:10 BAWデバイスの非線形性

講師 橋本 研也(電子科技大学)

SAW/BAWデバイスは線形性に優れるため,それらが発生する非線形応答の多くは摂動法解析により説明できる。ここでは,BAWデバイスの発生する非線形応答について摂動法に基づき解説する。1次元波動論モデルに基づく非線形応答解析を説明し,次に1次元mBVDモデルに基づく非線形応答解析を説明する。また,このモデルを拡張して横モードが発生する非線形応答についても言及する。さらに,下地に用いるSi基板等の非線形性についても言及する。

15:1015:20 休憩

15:2016:20 SAWデバイスの非線形性と非線形性測定のキーポイント

講師 中川 亮(村田製作所)

非線形応答のふるまいを明らかにするためには,まず発生している非線形応答を正確に計測することが重要である。また,その測定結果などから発生メカニズムを把握し,非線形応答をモデル化することができれば,研究/開発/設計の各段階において様々な検討に役立てられる。本講義では,まずSAW/BAWデバイスのような非線形応答が非常に弱い受動素子に対する非線形応答計測システムを構築する際の注意点を説明する。また,強度情報に加え位相情報を計測する方法にも触れる。続いて,単純な構造であるLT基板上のリーキーSAWを用いた共振子を題材とし,その非線形応答の発生メカニズムを解説する。さらに,SAW共振子の非線形応答のモデル化の方法についても紹介する。

16:2016:30 休憩

16:3017:30 フォローアップセッション

司会 田中 秀治(東北大学)

申込法

2021820日(金)までに,弾性波素子技術研究コンソーシアムの会員がいる企業や研究室からは,委員が受講者を取りまとめてお申込み下さい。それ以外の企業や研究室からは,代表者が参加者を取りまとめてお申込み下さい。事務局が混乱しますので,参加者各位からのお申込みや問合せはお控え下さい。お申込みにあたっては,参加者の氏名,所属,および電子メールアドレスをExcelファイル(任意形式)にまとめて,以下の問合先にお送り下さい。オンライン開催では,講師にはどのような方が受講されているのかわかりませんので,頂いた情報をもとに受講者名簿を作成して講師に配布します。氏名と所属に加えて任意で業務内容と経験年数を記入頂けますと,質疑の際の助けになるかもしれません。

受講料は指定口座にお振込み頂きますが,詳細は事務局から申込者にご連絡します。また,講義資料は電子ファイルで配布します。田中()研究室のウェブサイトに「夏の学校」のバナーを用意しますので,そこからダウンロードして下さい。電子ファイルを開くためのパスワードは,各参加者に電子メールでお知らせします。

問合先

東北大学 大学院工学研究科 ロボティクス専攻 田中()研究室

相原 友子(弾性波素子技術研究コンソーシアム事務局)

Tel: 022-795-6934

E-mail: aihara@tohoku.ac.jp

 

田中(秀)研究室ウェブサイト